頑張れ山中投手
<山中浩史(やまなかひろふみ)投手>
<プロフィール>
1985年9月9日新和町大多尾で生まれる。大多尾小、新和中学を卒業し、熊本市立必由館高 - 九州東海大 - Honda熊本 を経て、平成24年のドラフト6位でソフトバンクホークスに入団。
野球を始めたのは小学校3年生のとき。6歳上の兄・英貴さんの影響を受けたそうです。
小さい時は、竹をバット代わりにゴムボールを打ってよく遊んでいたそうです。小学時代はソフトボールをし、新和中時代に軟式野球部に所属。中学3年生の時、熊本市内の野球が強い高校に行きたいと両親に伝え、熊本市立必由館高等学校(先輩には、ソフトバンクからオリックスに移籍した馬原投手)に入学し第85回全国高等学校野球選手権大会に出場。背番号1ながら故障の影響により予選から登板少なく、甲子園でもリリーフとして登板し2回を無失点に抑えた。しかし、チームは6対3で光星学院高に敗れ初戦敗退。九州東海大学では、3年時にエースとして九州大学野球選手権春秋制覇。3年春の選手権1回戦東北学院大戦では10安打を浴びながらも5失点完投勝利を挙げている。2回戦では近大を8安打4失点に抑えたが援護なく敗退。Honda熊本入社後は1年目から先発、抑えに貴重な戦力として活躍。1年目春のスポニチ大会で東京ガス相手に2失点完投勝利。

2年目は都市対抗予選全4試合に抑えとして登板し12.1回1失点(自責0)の働きで6年ぶりの 東京ドーム進出に貢献。本選では3試合8.1回を投げ無失点投球で16強入りに導いた。 9月には日本代表に選出されW杯に出場。(09年から3年連続で日本代表)国際大会で下手投げの強みを発揮、予選ラウンドで敗退となってしまったチームにあって4試合7.2回16奪三振1失点の快投を見せている。2012年度新人選手選択会議にて福岡ソフトバンクホークスからドラフト6位で指名された。昨年12月、Honda熊本の同僚の早希さん(24)と結婚。

2013年の成績は
二軍通算10勝4敗2セーブ。ウェスタンリーグ最多勝。
(一軍では、17試合に登板し、投球回数29回1/3で、成績は0勝2敗1ホールド、防御率5.52)
2014年の成績は
ソフトバンクホークス(一軍)1試合に登板し、投球回数3回で成績は勝敗なしで防御率6.00
ソフトバンクホークス(二軍)18試合に登板し、成績は3勝2敗で防御率は3.15
2014年7月に、ヤクルトスワローズに移籍。
ヤクルトスワローズ(一軍)9試合に登板し、投球回数10.回2/3で成績は勝敗なしで防御率6.75
ヤクルトスワローズ(二軍)4試合に登板し、成績は、勝敗なしで、防御率は3.09
2015年の成績は
ヤクルトスワローズ(一軍)9試合に登板し、6勝2敗。プロ初勝利。6連勝。防御率3.24。
ヤクルトスワローズ(二軍)16試合に登板し、成績は1勝2敗。防御率1.50.

2016年の成績は
ヤクルトスワローズ(一軍)22試合に登板し、6勝12敗。防御率3.54。
ヤクルトスワローズ(二軍)5試合に登板し、成績は3勝2敗。防御率3.00.

2017年の成績は
ヤクルトスワローズ(一軍)13試合に登板し、2勝6敗。防御率5.14。
ヤクルトスワローズ(二軍)3試合に登板し、成績は0勝1敗。防御率3.00.


プロの成績
2018年の成績
(2013年の成績はこちら、2014年の成績はこちら、2015年の成績はこちら、2016年の成績はこちら、2017年の成績はこちらを参照)

4月1日 (水)
<一軍>対DeNA
横浜
中継ぎで、5回、6回を投げ、0安打、奪三振2、自責点0、失点0。防御率0.00。
チームは、1対3で負け、勝敗つかず。試合スコアは、こちら
4月8日 (日)
<一軍>対巨人
神宮
先発で、4回を投げ、6安打、被本塁打1、奪三振2、与四球1、自責点4、失点4。防御率6.00。チームは、7対4で勝利、勝敗つかず。試合スコアは、こちら
4月12日 (木)
<一軍>対中日
ナゴヤドーム
再び中継ぎに戻り、8回を投げ、1安打、自責点0、失点0。防御率5.14。チームは、9対4で負け。勝敗つかず。試合スコアは、こちら
4月15日 (日)
<一軍>対阪神
甲子園
中継ぎで、7回を投げ、4安打、奪三振1、与四球1、自責点4、失点4。防御率9.0。チームは、8対3で負け。勝敗つかず。試合スコアは、こちら
   4月23日(月)登録抹消。5月3日以降再登録可能。
4月29日 (金)
<二軍>対楽天
石巻
先発で、8回を投げ、4安打、奪三振7、自責点0、失点0。防御率0.00。チームは、延長10回1対0で勝利、勝敗つかず。試合スコアは、こちら
5月6日 (日)
<二軍>対ロッテ
戸田
先発で、4回1/3を投げ、6安打、4四死球、奪三振3、自責点5、失点5。防御率3.65。チームは、3対7で負け、負け投手に。試合スコアは、こちら
5月13日 (日)
<二軍>対DeNA
戸田
先発で、5回を投げ、6安打、3四死球、奪三振1、自責点1、失点1。防御率3.12。チームは、1対1で降雨コールド引き分け。試合スコアは、こちら
5月19日 (金)
<二軍>対楽天
先発で、3回を投げ、0安打、0四死球、奪三振1、自責点0、失点0。防御率2.66。チームは、3対2で勝ち。試合スコアは、こちら
5月25日 (金)
<二軍>対西武
戸田
先発で、4回を投げ、0安打、3四死球、奪三振4、自責点0、失点0。防御率2.22。チームは、11対1で勝ち。試合スコアは、こちら
   5月31日(木)登録
 5月31日(木)
<一軍>対ロッテ
神宮
先発で、5回を投げ、6安打、2四死球、奪三振3、自責点1、失点1。防御率6,23。チームは、3対1で勝ち。試合スコアは、こちら
   6月1日(金)登録抹消。6月11日(月)以降再登録可能。
<コメント>5/31の試合で、1失点で粘投し、勝利に貢献したが、先発ローテが、ブキャナン、ハフ、由規、小川、石川の5人がおり、6番目を原樹里や寺島、館山などとの併用と野手の出場機会を増やすことを考えていると思われる。現在の先発ローテが調子悪くなり、結果が残せなかった場合は、十分出場機会があると思われるので、引き続き頑張ってほしい。2軍で、短いイニングの登板はあるのではないかと思われる。
6月7日 (木)
<二軍>対楽天
戸田
先発で、5回を投げ、5安打、0四死球、奪三振4、2被本塁打、自責点4、失点4。防御率3.07。チームは、4対13で負け、負け投手に。通算0勝2敗。試合スコアは、こちら
   6月16日(土)登録
 6月16日(土)
<一軍>対日本ハム
札幌ドーム
先発で、5回を投げ、6安打、2四死球、奪三振1、1被本塁打、自責点1、失点1。防御率5.0。チームは、1対2で負け。試合スコアは、こちら
 6月22日(金)
<一軍>対巨人
東京ドーム
2番手で、3回2/3から、2回1/3を投げ、1安打、0四死球、奪三振0、自責点0、失点0。防御率4.43。チームは、5対8で負け。試合スコアは、こちら
 6月28日(木)
<一軍>対中日
神宮
2番手で、5回から、1回を投げ、1安打、0四死球、奪三振2、自責点0、失点0。防御率4.22。1ホールドポイント。チームは、9対6で逆転勝ち。試合スコアは、こちら
 6月30日(土)
<一軍>対阪神
神宮
2番手で、5回から、2回を投げ、5安打、0四死球、奪三振2、自責点4、失点4。防御率5.40。チームは、7対15で負け。試合スコアは、こちら
   7月7日(土)登録抹消。7月17日(火)以降再登録可能。
<コメント>大雨の影響で、7月6日の試合が中止になったため、次回登板7月8日(日)14:00~中日対ヤクルト(ナゴヤドーム)で先発の予定だったが、石川のシフト先発のため、登板機会がなくなったとみられる。
7月9日 (月)
<二軍>対ロッテ
戸田
3番手で、7,8回を投げ、4安打、1四死球、奪三振1、自責点1、失点1。防御率3.16.チームは、5対2で勝利。試合スコアは、こちら
7月17日 (火)
<二軍>対DeNA
ベイスターズ
3番手で、6,7回を投げ、0安打、奪三振1、自責点0、失点0。防御率2.97。チームは、7対3で勝利。試合スコアは、こちら
7月22日 (日)
<二軍>対ロッテ
ロッテ
3番手で、4,5回を投げ、3安打、奪三振1、1四死球、自責点0、失点0。防御率2.80。チームは、12対1で勝利。勝ち投手に、今期初勝利。通算1勝2敗。試合スコアは、こちら
7月26日 (木)
<二軍>対西武
戸田
先発で、5回を投げ、8安打、奪三振3、1四死球、自責点4、失点4。防御率3.35。チームは、11対5で勝利。勝敗関係なし。通算1勝2敗。試合スコアは、こちら
8月2日 (木)
<二軍>対西武
西部第二
先発で、5回2/3を投げ、9安打、奪三振1、1四死球、2被本塁打、自責点3、失点3。防御率3.55。チームは、5対3で逆転勝利。勝敗関係なし。通算1勝2敗。試合スコアは、こちら
8月16日 (木)
<二軍>対西武
戸田
先発で、7回を投げ7安打、奪三振1、自責点2、失点2。防御率3.42。チームは、2対2で引き分け。勝敗関係なし。通算1勝2敗。試合スコアは、こちら
8月22日 (水)
<二軍>対楽天
先発で、5回を投げ7安打、奪三振1、1被本塁打、自責点4、失点4。防御率3.75。チームは、4対4で、降雨コールド引き分け。勝敗関係なし。通算1勝2敗。試合スコアは、こちら
   8月30日登録
 8月30日(木)
<一軍>対阪神
甲子園
先発で、7回1/3回を投げ、7安打、2四死球、奪三振3、自責点0、失点1。防御率4.11。チームも、3対1で勝ち、今季初勝利。1勝。試合スコアは、こちら
   8月31日(金)登録抹消。9月10日(月)以降再登録可能。
<コメント>8月30日好投したが、先発ローテの「ブキャナン」「カラシティ」「小川」「石川」に次ぐ先発として、次回「原」「高橋」を登板させるため一度登録抹消されたと思われる。先発投手の出来次第で、9/11以降の再登録が考えられる。
9月8日 (土)
<二軍>対日ハム
戸田
先発で、5回を投げ3安打、奪三振7、2被本塁打、自責点2、失点2。チームは、7対6で、サヨナラ勝ち。勝敗関係なし。試合スコアは、こちら
   9月15日登録
 9月15日(土)
<一軍>対阪神
甲子園
先発で、6回2/3回を投げ、6安打、1四死球、奪三振4、自責点1、失点3。防御率3.62。チームも、6対4で勝ち、今季2勝目。通算2勝0敗1H。試合スコアは、こちら
   9月16(日)登録抹消。9月26日(水)以降再登録可能。
<コメント>先発で「ブキャナン」「小川」「原」を基本ローテとして先発させ、「石川」「山中」「高橋」「星」「古野」「カラシティ」を交代で登板させるため一度登録抹消されたと思われる。あと1回先発チャンスがあると思われる。次回は、10月4日(木)阪神戦(甲子園)か?
9月23日(日)
<二軍>対日ハム
鎌ヶ谷
先発で、5回を投げ7安打、2四死球、奪三振3、1被本塁打、自責点3、失点6。防御率3.86。チームは、7対8で、負け、負け投手に。通算1勝3敗。試合スコアは、こちら
9月30日(日)
<二軍>対DeNA
DeNA
今季ファーム最終戦で、先発で、2回を投げ,0安打、2四死球、自責点0、失点0。防御率3.75。チームは、2対4で、負け、勝敗つかず。通算1勝3敗。試合スコアは、こちら
10月10日(水)
<二軍フェニックスリーグ>対阪神
西都
フェニックスリーグ、先発で、6回を投げ、8安打、1四死球、奪三振6、自責点3、失点3。チームは、6対4で、勝ち、勝ち投手に。試合スコアは、こちら
10月16日(火)
<二軍フェニックスリーグ>対中日
西都
フェニックスリーグ、先発で、5回を投げ、5安打、奪三振2、、1被本塁打、自責点3、失点3。チームは、7対3で勝ち、勝ち投手に。試合スコアは、こちら

①山中選手の一軍通算成績状況
②日本野球機構オフィシャルサイト(試合結果など掲載)
③最新セリーグ公示情報(登録・抹消)
④ヤクルトスワロース球団情報
⑤ヤクルト球団山中選手成績
ヤクルトスワローズ(1軍)の今後
試合予定および放送予定
ヤクルト2軍主催ゲーム(戸田球場)映像中継
がんばれ!山中投手!!
応援メッセージは掲示板に書き込みください。

Copyright (C)  関東ふるさと新和会 All Rights Reserved.